行ってみました

おいしいもの&旅行・体験の記録
    
地域別情報
管理人
検索
<< ああ、宮城のあられ・・・ | main | 仙台といえば、笹かまぼこ(特に白謙) >>
東京・・・行く

東京国立近代美術館での企画展は2011年5月8日(日)までの開催です。
期間後は、東京:青山と神奈川:川崎にある美術館などで常設展示あり。

生誕100年で話題の、岡本太郎。
東京国立近代美術館の企画展へ行ってみました。

入口脇の【岡本太郎アートピースコレクション】ガチャに突進!

岡本太郎アートピースコレクション



※補足情報:予定数の販売終了されたそう。
 4/27から再開。1日あたりの販売数3000個限定に・・・売れすぎ?

夫婦揃って、ガチャガチャ・・・(いつ振りだろう)

例えるなら、お参りに来た参道で、
お参り前にお土産買ってしまうような行動ののち、美術館内へ。

展覧会、というより、イベントです。


普段美術展に興味がない人、
あの万博世代、
行き詰まっている人にも、オススメです。

本人がもし生きていたら率先して楽しんだだろうだな、と
思えるような展示でした。

チラシなどに配置された岡本太郎のことば通り、
『何だこれは!』を体感してみては?

岡本太郎の言葉の中でも、
『芸術は爆発だ!』よりも『何だこれは!』は、見る側に刺激的。

想定内のものだけに接したり、評価して終わり、ではなく、
「何だこれは!」と感じられる対象に近づき、
考え続けるパワーを要求してきます。

展示スペース最後のコーナーで引ける、
『太郎のことば』の三角くじ。

太郎のことば



ううう・・・対決かぁ・・・

岡本太郎グッズから、2点購入。

太郎グッズ



やっぱり、太陽の塔、いい味出してるゾ。

生で見た事がないかたは、
大阪へGO!

ホームページ上で、混雑状況も確認できます。

メモ: 
常盤貴子さんの声につられて、
生まれて初めて音声ガイドを利用したけど・・・
半分は「渋いイイ男声」。期待しすぎは禁物。

生誕100年岡本太郎展 ホームページ
 (東京国立近代美術館)

岡本太郎生誕100年公式サイト[TARO100際] 走る後ろ姿のFlash、ナイス!

川崎市岡本太郎美術館

岡本太郎記念館(東京・青山) 元・アトリエ兼住居

全部で何個?岡本太郎アートピース

夫婦で、同じモノ、引きすぎ。

| comments(0) | trackbacks(0) |









url: http://tabiblog.fukumamegaho.com/trackback/940331