行ってみました

おいしいもの&旅行・体験の記録
    
地域別情報
管理人
検索
人体・・・行く
 実は2回目です。受けたことないかた、不安ですよね。でも、胃カメラよりずっと苦痛は少ないです!

 前日は検査食を食べ、水を飲み、最後に錠剤(下剤)を飲む。検査食は「不味いのですが、ごめんなさいね〜」と説明されたけど、意外と美味しい。間食用飴はヨーグルト味で気に入りました。一粒しか入ってなくて残念・・・。
 検査前夜下剤を飲んだ後もピー!となることなく、病院へ。10時までに集合と言われたけれど、9時半には到着。すでに他の検査患者さんが居て、待合室は緊張ムード。血圧測定・問診後、地獄ドリンク配給!

 普段、飲み物をどれくらいのペースで飲みますか?1リットル牛乳をがぶ飲みしたとしても、普通1日は掛かりますよね?その倍の量2リットルを1〜2時間目安で飲むのです!それも下剤味!初めは「食塩水?」と思っても、すぐ気づきます「不味い(TへT)」と。
 コツはビールを喉で飲み干す要領でスタートダッシュ。「不味い」と気づいたら気休めにもらえる飴で舌をリセット。砂漠をイメージたり、グルメor料理本を読みつつ、口を乾かし、また飲み干す。苦行です。10名程で検査準備しているうち、何だか連帯感を感じました。すべてを飲み終えると、隣のおばさまがニッコリ・・・。これを終えれば、あとは楽勝。
 検査できる状態になったら、点滴。さあ検査です。

 ・・・と、ここで私は一回休み。貧血を起こしました。

 検査は「意識下沈静法」で行いました。肩を叩かれると意識が戻る程度の状態にする方法。先にいれた点滴の管から注入するだけ。簡単!お腹に空気を入れたり、内視鏡でグリグリされたり、ポリープ切除なんてこともあり得るので、この方法をとらないと痛みは・・・考えただけでも痛い(TvT)
 痛いのが好きな方以外は、この方法が選択できるか病院に聞くのをお勧めします。処置後控え室へ搬送され、30分程度で帰宅可能。今回検査した病院では、睡眠状態に戻る場合に備え、運転は禁止・引き取り人手配が条件でした。
 ポリープ切除の場合、出血事故防止のため1泊入院+2週間激しい運動はNG。私は内壁を採取したそうで、当日お風呂・刺激物・消化に悪いものを止められただけで済みました。検査直後、猛烈に空腹を感じ、会計待ちの間にたまごボーロを買いに走りましたよ。午後4時前に無事終わり。結果は検査から1週間後。

 これからご予定のかた、頑張ってください。検査自体は心配することはないですよ! 
| comments(0) | trackbacks(0) |